Living Light selection 2018 -Spring- page 45/48

Living Light selection 2018 -Spring-

このページは Living Light selection 2018 -Spring- の電子ブックに掲載されている45ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
Living Light selection 2018 -Spring-

43● ぐらついたり、破損している配線器具(引掛シーリング)には取り付けないでください。● 交流100Vで使用してください。(直流電源での使用や過電圧を加えることは絶対にしないでください。)● 調光機能付壁スイッチなどの調光器のある回路では使用しないでください。● 器具の隙間には、金属類(ヘアピンや針金など)を差し込んだり、穴をふさがないでください。● 器具の分解や改造は行わないでください。LEDは交換できません。● 器具の異状(異音、臭い、煙など)を感じたら、直ちに電源を切り、使用を中止してください。( お買い上げの販売店に点検・修理を依頼してください。)● 取り付けや取り外し、器具清掃のときは、必ず電源を切ってください。● 器具の取り付けは、説明書にしたがって確実に行ってください。● 器具を紙や布で覆ったり、燃えやすいものに近づけないでください。● 使用温度範囲内(5~35℃)で使用してください。● 雨や水滴のかかる場所や湿度の高いところで使用しないでください。● 振動や衝撃のあるところでは、使用しないでください。● 器具を清掃する際は、乾いたやわらかい布もしくは水に浸したやわらかい布をよく絞ってから拭いてください。強く擦らないでください。● 落としたり、物をぶつけたり、無理な力を加えたり、傷をつけないでください。● 点灯中や消灯後しばらくは、器具が熱いので手や肌を触れないでください。● 発光部を長時間直視しないでください。● ラジオやテレビなどの音響機器の近くで使用しますと、雑音が入ることがあります。警 告注 意● 本カタログに記載の商品は、国内一般住宅用です。(P.27 キッチンライトおよびP.35 LED一体型ベース照明、P.36~37 LED一体型照明を除く)● 本カタログに記載の商品は、工事を必要とするものが含まれています。ご不明な点は、販売店または専門施工店にご相談ください。このページでは、お使いになる方や他の方への危害や財産への被害を未然に防ぎ、安全に正しくご使用いただくために、製品購入にあたって事前にご承知いただきたい事柄をご説明しています。なお、取り扱い、ご使用にあたっては、取扱説明書や商品個装などに書かれているご注意をよくお読みの上、正しくご使用ください。安全にご使用いただくためにホタルック機能 / 感震センサの注意事項 【ホタルック機能に関する注意】・ホタルック機能は回路内に充電された電気を利用して消灯後にLEDを自動点灯させていますので、常時、壁スイッチ(主電源)をONにしてご使用ください。 ・ホタルック機能を「切」に設定しても、照明器具を壁スイッチ(主電源)でOFFした場合や、停電した場合はホタルック機能は自動点灯します。・ホタルックはリモコンや壁スイッチで消灯することはできません。 ・ホタルック機能の点灯は徐々に暗くなり、自然に消灯します。 ・ホタルック機能の点灯時間は機種によって異なります。【感震センサに関する注意】・感震センサは、壁スイッチ(主電源)がONの状態で有効になります。 ・感震センサ動作中は、「留守タイマー」「おやすみタイマー」は動作しません。・壁スイッチ(主電源)がONの状態で器具の取り付け、取り外しを行うと、感震センサが振動を感知し、点灯および電子アラーム音が鳴ることがあります。(故障ではありません) ・感震センサ動作中は、新たな揺れ、振動は感知しません。 ・感震センサの震度感知レベルと地震速報などで発表される震度は、必ずしも一致するものではありません。 ・建物の構造によっては、震度4(地震速報などの数値)よりも弱い揺れで感知することがあります。・生活環境下での大きな音(声、楽器、テレビやステレオなどの家電製品、ペットの鳴き声、等)による振動を感知して動作することがあります。 ・幹線道路や鉄道沿い、近隣の工事等による振動を感知して動作することがあります。 ・取り付けた部屋やその周辺、上階の部屋で飛び跳ねたり物を落とす等の影響による振動を感知して動作することがあります。 ・感震センサは、十分な試験を実施していますが、100%動作を保証するものではありません。 ・感震センサは、被害を防止するものではありません。また被害に対する一切の責任および補償は負いかねます。照明器具には寿命があります。交換時期は8~10年が目安です。外観に異常がなくても内部の劣化が進行していきます。点検・交換をおすすめします。周囲温度が高い場合や点灯時間が長い場合などは、寿命が短くなります。点検せずに長時間使い続けると、まれに発煙、発火、感電などに至る恐れがあります。年に一度は「安全チェックシート(P.44)」での自主点検を行ってください。※使用条件:周囲温度30℃、1日10時間点灯、年間3000時間点灯。(JIS C 8105-1 解説による)照明器具の寿命安全上のご注意