Living Light selection 2018 -Spring- page 4/48

Living Light selection 2018 -Spring-

このページは Living Light selection 2018 -Spring- の電子ブックに掲載されている4ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
Living Light selection 2018 -Spring-

お子様の勉強には見やすく、明るい照明が大切です。昼光色では、紙面の白色はより白く知覚され、黒い文字とのコントラストは大きくなり見やすくなります。明るいことは、快適に文字や写真を明視させる手段として重要性が高くなり、目の疲労感も少なくなります。お子様が勉強する時は、昼光色で明るい環境を作ると良いでしょう。高齢者の方は、視力の低下とともに明るさが必要となってきます。高齢者のご家庭でも明るさを意識した生活環境を整えましょう。読み書きには、高演色な照明を読み書きには適度な明るさが必要ですが、文字や色合いがいかに自然に見えるかも重要になります。色の見え方は演色性という数値で表され、数値が100に近いほど高演色であり、色の見え方も自然なものになります。同じ明るさの照明でも演色性の数値が低ければ暗く感じたり、色の再現性が良くないことで目が疲れやすくなることも考えられます。読み書きには高演色な照明を選ぶことをおすすめします。医学博士 眼科専門医川口眼科 副院長蒲山 順吉 氏よみかき光白ささわやか、文字はっきり読み書きに適したあかりだから学びの時間が楽しくなる山形大学大学院 教授理工学研究科 情報科学分野山内 泰樹 博士(工学)POINT POINT2