Living Light selection2018 -Autumn- page 32/48

Living Light selection2018 -Autumn-

このページは Living Light selection2018 -Autumn- の電子ブックに掲載されている32ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
Living Light selection2018 -Autumn-

3000.511.522.5400 450 500 550 600 650 700 750 800波長 (nm)新商品(HSD16022)従来商品(HSD16012)ブルーライト短波長域(415~455nm)ブルーライト約70%低減※2目にやさしいあかり『ブルーライト低減LED』を搭載文字はっきり『よみかき光』高い演色性を確保した上で、ブルーライトを約70%低減した「Eye Protection LED」※1を搭載した目にやさしいスタンドです。ブルーライトの中でも特に目に負担が大きいとされる短波長域(415~455nm)を従来商品※2比で約70%低減しました。よみかき光とは、文字の読みやすさと書きやすさを重視したあかりです。白くてさわやかな光で文字がはっきり見やすくなります。LED卓上スタンドのJIS規格『A形』に適合しているため、お子様の勉強や趣味の読書、仕事などのデスクワークにも最適です。●ブルーライト低減イメージ※よみかき光の具体的な基準に関しましては、P.5をご覧ください。ブルーライト短波長域(415 ~ 455nm)UV-B/UV-A300 400 500 600 700 800 波長(nm)紫外線 可視光線 赤外線※ 個人差があります。目の疲れや痛みなどを軽減することを保証するものではありません。※1 「Eye Protection LED」とは、415~455nmにある波長域のブルーライト放射出力を抑えたLEDです。  ※2 HSD16012(2015年2月発売モデル)との比較ブルーライトとは、波長の短い青色の光で人が見える光(可視光線)の中でも紫外線に一番近い波長域で、目の奥の網膜まで届く高エネルギーの光であり、目に対する負担が懸念されています。スタンドライト使用時は光源と目の距離が近く、また長時間使用するケースが想定されるため、ブルーライトの低減により網膜へのダメージを抑えることで、目の疲れや痛みなどを軽減することが期待できます。※●ブルーライトとは※画像はイメージです。色あざやか見やすさアップよみかき光目にやさしく文字はっきりLEDスタンド分光パワー