Living Light selection2018 -Autumn- page 14/48

Living Light selection2018 -Autumn-

このページは Living Light selection2018 -Autumn- の電子ブックに掲載されている14ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
Living Light selection2018 -Autumn-

12『Wの大光量』で明るくはっきり勉強から食事、家族の団らんなど、様々なシーンを明るく快適にするWの大光量は、お部屋のすみずみまで明るく照らし、快適な「見る」をアシストします。アクティブナチュラルリラックス●『Wの大光量』調色調光イメージ点灯モードダイレクトボタンお子様の勉強には見やすく、明るい照明が大切です。昼光色では紙面の白色はより白く知覚され、黒い文字とのコントラストは大きくなり見やすくなります。明るいことは快適に文字や写真を明視させる手段として重要性が高くなり、目の疲労感も少なくなります。お子様が勉強する時は、昼光色で明るい環境を作ると良いでしょう。POINT医学博士 眼科専門医川口眼科 副院長蒲山 順吉 氏明るい暗い『昼光色』も『昼白色』も明るさMAX昼光色昼白色適用畳数の明るさ範囲※MAX 値MIN 値調色 21 段階× 調光 10 段階調色調光210 パターン電球色暗く感じがちな電球色も適用畳数内でしっかり明るい!各光色の一番の明るさ(左のイメージ内の●)に、ダイレクトに切り替えるのに便利です。※一般社団法人日本照明工業会「ガイドA121-2014 住宅用カタログにおける適用畳数表示基準」で定められた各畳数における明るさの範囲アクティブ読み書きにナチュラルだんらんにリラックス就寝前に昼光色でも昼白色でも最大光量の明るさ 『Wの大光量』「明るさ」と「安心」で家族を守るあかり「GR AND Q UALITY」特設サイトはこちらPLAY MOVIE 商品紹介の動画をご覧いただけます。 グランクオリティ