Living Light selection 2018 -Spring- page 10/48

Living Light selection 2018 -Spring-

このページは Living Light selection 2018 -Spring- の電子ブックに掲載されている10ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
Living Light selection 2018 -Spring-

『快適あかりモード』で生活リズムをサポート 快適あかりシーリング新機能『快適あかりモード』あかりを24時間自動制御する「快適あかりモード」を新しく搭載しました。山形大学との共同調査結果から、時間帯ごとに最適な光色・明るさをプログラミングしています。お目覚めからおやすみまで、あかりで快適な生活リズムをサポートします。●「快適あかりモード」動作イメージ1日の生活に応じた最適なあかりをお届けどんなに明るい照明でも、演色性Ra(色の再現性)が低いとおいしい料理や肌の色もくすんで見えてしまいます。快適あかりシーリングでは、どの光色を選んでも満足のRa85。色の見え方も自然です。光色変化で生活をサポートするだけでなく、高い演色性で食事や趣味、家族とのだんらんの時間をより楽しく快適に演出します。高演色でどのシーンも楽しく快適昼光色 電球色1:00明るさイメージ100%90%80%70%60%50%40%30%20%10%常夜灯2:00 3:00 4:00 5:00 6:00 7:00 8:00 9:00 0:00一般的な演色性の照明(Ra70) 高演色の照明(Ra85)※画像はイメージです。昼光色ですっきりお目覚めさわやかな昼光色は朝にぴったり。早朝より徐々に明るくさわやかな光になり、快適な目覚めをアシストします。21時以降は落ち着いた電球色で。徐々に明るさを落として、穏やかに睡眠できる準備を整えます。帰宅後の楽しみのひとつが家族との夕食。昼白色よりもやや暖かみのある光で、より楽しい夕食を演出します。暖かみのある光で楽しい夕食電球色で気持ちをリラックス最適なあかり環境で、快適な生活を過ごしましょう。あかりは日々の生活に欠かせないものです。生活シーンに応じた最適なあかりを得ることで、生活リズムを整え、快適な生活を過ごすことができます。普段何気なく点けている照明も、その色合いや明るさで快適と感じたり不快に感じたりすることがあります。「快適あかりモード」は、生活シーンに応じて人が快適と感じるあかりの調査結果を基にして、最適なあかりを設定しています。照明器具が自動であかりをコントロールするため、何気なく快適な生活をサポートしてくれます。不規則な生活となりつつある現代社会において、お目覚めからおやすみまで、生活リズムに合わせた照明環境にすることで、生活の質の向上が期待できます。山形大学大学院 教授理工学研究科 情報科学分野山内 泰樹 博士(工学)10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 17:00 18:00 19:00 20:00 21:00 22:00 23:00POINT※快適あかりモードの動作をイメージしたものです。8