ページの先頭です。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューここまで。

製品検索



  • LIFEEL Cuel
  • 高天井用LED照明器具
  • Nuシリーズ
  • Nuシリーズ ホタルックタイプ
  • 快適あかりシーリング
  • GRAND QUALITY
  • MediapressNet
ここから本文です。

EFAS(航空機着陸誘導閃光装置)

キセノン閃光が航空機の安全な着陸をサポートします。

※お使いのブラウザによっては、動画の再生に問題が発生する場合がございます。
再生できない場合は、他のブラウザでお試しください。
推奨ブラウザ環境:Internet Explorer


閃光装置

当社では、1962年航空局の指導により、わが国で最初にこの装置を開発し、すでに国内各空港、防衛施設局などに多数納入しご使用いただいております。
この閃光装置はキセノンランプを1分間120回閃光させるもので、その閃光は夜間の晴天上空で80kmにも達するといわれております。したがって、夜間、曇天、雨天、霧などの視界の悪いときでも、着陸地点、着陸方向などを遠距離からパイロットに知らせ、航空機が余裕をもって滑走路に着陸できるよう誘導します。


閃光装置の特長

1.特殊な光ですから空港周辺の他の光との判別が容易で、滑走路の位置を明確にします。

2.高輝度ですから悪天候でも遠距離からの視認が容易です。

3.高輝度でありながら瞬間閃光ですから、他の着陸補助灯(進入角指示灯、滑走路灯など)視認を妨害することはありません。

4.閃光装置は完全防水構造になっていますので、設置場所、天候などに関係なく使用できます。(ただし、航空局使用、防衛施設庁規格を満足する範囲です)

5.キセノンランプを閃光させるため、装置内部に高い電圧を生じますが、ドアーを開くと安全保障装置が動作し、電源を切ると同時に高電圧を放電します。

6.消耗部品(リレー、キセノンランプ)は差し込み式になっていますから部品交換が簡単です。




実施例

発光部(FX-AV-01)

電源部(FX-AV-02)