ページの先頭です。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューここまで。

製品検索



  • LIFEEL Cuel
  • 高天井用LED照明器具
  • Nuシリーズ
  • Nuシリーズ ホタルックタイプ
  • 快適あかりシーリング
  • GRAND QUALITY
  • MediapressNet
ここから本文です。

水銀ランプ

ガラス管内の水銀蒸気中の放電による発光を利用したランプです。道路照明や高天井照明器具、投光照明などに使用されています。

一般水銀ランプ

●蛍光形
クリアランプの演色性と効率を改善したもので、構造や特性等は、クリア形と同じですが、外管の内面に蛍光体を塗布し、特に赤色光を補っています。一般照明用として演色性を要求される場所に適しています。
●反射形
アルミニウム反射膜の上に蛍光体を塗布し、演色性を改善したレフレクタ水銀ランプです。広角配光形で、希土類蛍光体を使用していますので、色の見え方が重視される広範囲の照明に最適です。

水銀ランプの始動特性

水銀ランプは、始動の際、スイッチを入れてから、水銀蒸気圧が上昇安定するまでに、5~ 8 分間を要します。従って、ランプ電流やランプ電圧、全光束などの特性も、右図のように、安定するまでには5 ~ 8 分かかりますが、光束は、2 分後には、安定時の80%以上になっていますので、実用には何ら支障はありません。

電源電圧の変動による諸特性変化

電圧を変化させた場合の諸特性の変化を示したものです。図より明らかなように、諸特性の変化は、電源電圧変動の約2 倍の大きさになりますので、長時間にわたり満足な特性を得るためには、できるだけ定格電圧で使用するようご注意ください。